深く知る

おすすめのコラーゲンは?

おすすめのコラーゲンは?

単刀直入に申し上げますと、美容と健康をサポートするという意味でどれもほとんど違いはありません。 価格、におい、溶けやすさ、あとはお客様の好みで選んでいただければ良いと考えています。   そもそもなぜ4種類のコラーゲンを扱おうと考えたのか? それは、売り込むお店ではなく、お客様に選んでいただくお店にしたかったからです。   豚皮由来のコラーゲンを配合した製品を扱う販売者はその特徴やメリットを強調し、魚由来を扱う販売者はその特徴やメリットを強調します。「 これが1番!」と言わなければ買ってもらう理由がなくなってくるからです。 すると、だんだんと強調が加熱し、正しくないような誘導が起こってくるのです。 消費者はのもはや誘導となった宣伝を信じ、メリットや特徴を期待します。   本来はこれが商売であり、ビジネスなのかもしれませんが、 当店はそれが嫌でした。   市場の主なコラーゲンペプチドを品揃えし、客観的な情報をご提供して、お客様に選んでいただくお店にしたいのです。   それでも、どれがおすすめかと聞かれれば、「継続が大切」という観点から、一番低価格な   豚皮由来コラーゲンペプチド(ドイツ生産)をおすすめします。   お客様もぜひ自分にあったコラーゲンペプチドを見つけてみてください! 魚由来と豚由来について
続きを読む

コラーゲンってそもそも何?

コラーゲンとは人の骨や皮膚、血管や内臓などに必要不可欠なタンパク質で、体内のタンパク質の約30%を占めます。構造は3本のアミノ酸の鎖がらせん状に絡まったタンパク質の繊維でその繊維が骨や関節、内臓や皮膚、血管などの弾力の強度の基になっています。  体内のコラーゲンは皮膚に存在する線維芽細胞、軟骨に存在する軟骨細胞、骨を形成する骨芽細胞などで20種類のアミノ酸(タンパク質を構成する分子)を基に生成されます。また、体内でのコラーゲン生成にはビタミンcが必要とされることも分かっています。 コラーゲンそのものは人の消化酵素では分解できない構造ですが、加熱や体温で変性されたゼラチンとして経口摂取(食べる)することでアミノ酸とペプチド(アミノ酸が5〜150個集まったもの)に分解(消化)されます。 分解されたアミノ酸は通常の食べ物から摂取するアミノ酸と同じ栄養となります。   当店にご来店のお客様の大半が「お肌にコラーゲン」や「関節や血管のため」が目的だと思います。しかし科学的根拠は乏しいのが現実です。 ですが個人によってコラーゲンの相性は様々で、実感のある方も多くいらっしゃいますし、何より市場規模が物語っています。 当店では国内で販売されているコラーゲン製品のほとんどをカバーできる原料コラーゲンペプチド粉末を取り揃えました。   ・コラーゲンとコラーゲンペプチドの違い ・健康食品と薬事法    
続きを読む